フリーランスはあらゆる自由が手に入る

会社に属して働くことが当たり前とされていますが、フリーランスとして働く道があることをほとんどの人は知っていません。

フリーランスは、自分で仕事を見つけ、誰かに助けられることなく仕事に取り組み、責任をすべて自分で追わなければなりません。

一人で仕事をするため、実力が必須と言える職種です。
会社に属して働く人に比べ、あらゆるメリットがあるため、魅力的だと言えます。



まず、仕事を自分で選ぶことができ、得意分野のみで勝負することができます。
これによって、仕事の効率性は向上し、さらに質も上がるでしょう。
仕事を選べることから、休みたいときに休むことができ、逆に働きたいときに働くことができます。さらに、仕事は自分の好きな時間に始めることができるため、時間的に自由が手に入ると言えます。


限りなくストレスフリーな状態になれるので、誰にも縛れることなく働くことができます。


そして、仕事の売上げがそのまま自分の収入となるため、会社からもらう給料よりも圧倒的に多くなります。



一回の仕事で稼げるので、無理して働く必要はないでしょう。ただし、フリーランスとして必要なのは実力なので、まずは会社で勤務し、必要な能力を身につけることが大切です。



数年会社勤務を経験することで、フリーランスとして必要な実力が身に付くので、そのタイミングでまず副業します。


副業として収入が安定した後に、退職し、フリーランス一本で仕事をすると良いでしょう。