フリーランスに重要なこと

フリーランスとひとくくりにすると範囲が広いですが、どの分野にしても重要なのは学習の範囲を広げていくことです。
市場全体を見てお金の動きが多いところを見極めて収益を狙う必要がありますし、またスキルを身に付ける必要があります。



また、事務作業も基本的に自分でやるのでそれについて調べる必要があります。


よほどの特殊なスキルがあれば上述のケースとはまた違ってくるのですが、それでもその市場がずっと続くとは限らないです。



そのため市場を分析する必要性はあります。このようなことはフリーランスの最大のメリットで、市場全体を見て自分が今後どうするかを考えていくのが仕事というのが良いのです。



よく会社員かフリーランスかと比較されますが、このように市場を見て自分の今後の動きを考えてさえいればどちらでも良いのです。

しかし、多くの場合会社員はいかに組織に所属し続けるか、もしくは他の組織に評価されるかということばかりを考えます。

要するに資金の動きではなく組織の評価を気にして動かざるをえないというのがフリーランスとの最大の違いです。具体的な作業に関しても違うのですが、この思考の差も大きいです。そして、会社員であってもお金の動きに着目して、何をしたら儲かるかを考えていれば組織に依存せずに済みます。組織の意志に完全に人生を左右される状態を安定と言うのは言えない時代なので、その点は知っておいた方が良いです。
会社員の知らないところで多くの人が動いています。